沿革と活動

平成28年5月

・神奈川工科大学厚木市子ども科学館まつりに「厚木おもちゃ病院こどもの日イベント」企画参画

(1)おもちゃ修理

(2)かんたん工作教室(ポリアロー・牛乳パック紙とんぼ・きまぐれビーチボール)

(3)展示(H0ゲージ鉄道模型の駆動・リモコンカーで遊ぼう・デジタル数字表示器で遊ぼう・光通信をやってみよう・簡易綿菓子器で「わたがし」を作ろう)

平成28年7月

・厚木チャレンジシティ土肥良太氏他来院 活動状況の視察・収財・撮影およびおもちゃ修理10数点持参

 

平成28年7月

・神奈川工科大学厚木市子ども科学館主催 夏休み手作り展示「手作りロボットランド」(7・21~8・31)へ厚木おもちゃ病院製作作品4点展示

(1)茶運び人形(製作・丸山Dr)&実演指導(丸山Dr)

(2)光で操作するライントレースカー(常設展示)

(3)磁石を利用したスイッチバックトレイン(常設展示)

(4)LEDの点滅を利用して文字を作ろう(常設展示)

 

平成28年9月
  ・神奈川工科大学厚木市子ども科学館において“大人のための科学教室”の企画、運営、講師、アシスト

 テーマ「エレクトロニクス超入門(5回目)クリップモーターをつくろう」

 

平成28年11月
  ・神奈川工科大学厚木市子ども科学館において“大人のための科学教室”の企画、運営、講師、アシスト

 テーマ「エレクトロニクス超入門(6回目)音声増幅器をつくろう」

 

平成29年1月

・神奈川県開成町。古民家「瀬戸屋敷」より(出張)おもちゃ病院開院の依頼。活動状況視察のため来院

 

平成29年2月

・電源AC100V利用した「スイッチバックトレイン」(人体センサーによるON・0FF)の製作 1車両(2両連結)を展示(井川Dr)

 

平成29年3月

・出張おもちゃ病院開院回数 200回目

 

平成29年3月

・厚木市市民協働推進課主催「市民活動スキルアップ講座」のボランティア活動団体として事例発表(厚木おもちゃ病院・宇田川会長)

 

平成29年3月

・神奈川工科大学厚木市子ども科学館において“大人のための科学教室”の企画、運営、講師、アシスト

 テーマ「エレクトロニクス超入門(7回目)スピーカーを作ってみよう」

 

平成29年3月

・神奈川工科大学厚木市子ども科学館主催・科学工作教室「ピカピカロボ」の企画・設計・部品組立・製作指導および講師(厚木おもちゃ病院 担当:丸山Dr・井川Dr)

 

平成29年3月

年度末修理件数 574件(修理不可 54件 不可率 9.4%)

・年度末会員数 22名

 

平成29年4月
  ・役員(任期2年)

   会長/土屋富志夫・副会長/鵜飼宏昌・会計/杉崎博・記録/赤坂圭一:藤沢勇夫

 

平成29年4月
  ・厚木市産業振興課から来院 厚木市ロボット関連産業等「相談サポート」事業への支援協力の要請

 

平成29年4月

・遠距離からおもちゃの修理依頼者来院(所在:静岡県田方郡函南町)

 

平成29年5月

・神奈川工科大学厚木市子ども科学館まつり「こどもの日」イベント

出展参画「バルーンロケットを飛ばそう」「綿菓子の作り方を学ぼう」

 

平成29年5月

・初めての市外(出張)おもちゃ病院開院

開院施設

〒258-0028 神奈川県足柄上郡開成町金井島1336

あしがり郷「瀬戸屋敷」TEL 0465 84 0050

修理受付個数:23個(当日修理済13個) 対応Dr:9名

 

平成29年7月

・神奈川工科大学厚木市子ども科学館主催 夏休み手作り展示「のりものおもちゃランド」(7・21~8・31)へ厚木おもちゃ病院製作作品「光をあてると動くプラレール」展示および実演指導(井川Dr)

 

平成29年8月

・厚木市金田中部自治会(住所・厚木市金田685 金田中部体育館内)                                                                                                                                                                                                     からの(出張)おもちゃ病院開院の要請受託

 

平成29年9月

・神奈川工科大学厚木市子ども科学館において“大人のための科学教室”の企画、運営、講師、アシスト

 テーマ「エレクトロニクス超入門(8回目)ラジオを作ろう」

 

平成29年11月

・厚木市商工会議所女性会から委嘱を受けて厚木市中央公園にて「工作教室」実施

工作メニュー(フープスター・紙とんぼ・バランスとんぼ・フライングこま)各80セット

 

平成29年11月

・神奈川工科大学厚木市子ども科学館において“大人のための科学教室”の企画、運営、講師、アシスト

 テーマ「エレクトロニクス超入門(9回目)定電圧DC電源装置を作ろう」

  

平成29年12月

・国際ソロプチミストから厚木おもちゃ病院の活動に対し寄付金が授与される。

 

平成29年12月

・神奈川工科大学厚市木子ども科学館主催「サイエンスウインター2017」参加出展 盛況来場者公式発表600名(うち厚木おもちゃ病院200名)綿かし作り・簡単な工作教室(フープスター・牛乳パック紙トンボ・バランストンボ・フライングこま)

 

平成30年1月

・海老名おもちゃ病院 石田会長以下5名のおもちゃDr来院 活動状況視察と「プラリペア」を使った樹脂の成型と接合の実際を見学

 

平成30年1月

  ・厚木市広報課製作番組「あつぎ元気ウエーブ」じょうほうBOXにて「厚木おもちゃ病院」(平成23年12月放映)紹介の映像をホームページにUP

 

平成30年2月

・厚木市子育て支援センター主催による厚木おもちゃ病院の「定期開院」が厚木ガス中町ショールーム「リセ」にて毎月第1木曜日 10:15-11:45に決定。

  

平成30年3月

・厚木おもちゃ病院専用パソコン・プリンターの設置

 

平成30年3月

・神奈川工科大学厚木市子ども科学館主催・“大人のための科学教室”の企画、運営、講師、アシスト

 テーマ「エレクトロニクス超入門(第10回)LED表示の電子電圧計を作ろう」

  

 

平成30年4月

・「お母さん新聞」発行人来院 厚木おもちゃ病院の活動状況取材

 

平成30年4月

・厚木ガス中町ショールーム「リセ」にて21日・22日の2日間(10:00~16:00)工作教室開催 

 メニュー「フープスター」。来場者延べ350~400名

 

平成30年5月

・情報誌「タウンニュース(5・4号)」コラム「zoom up」に土屋会長への取材記事掲載

 

平成30年5月

・神奈川工科大学厚木市子ども科学館まつり「こどもの日」イベント

 簡単工作教室am「ころりん」・pm「バルーンロケット」への参画・来場者約50名

 

平成30年5月

・厚木市広報課 課員2名来院。「広報あつぎ」掲載のため厚木おもちゃ病院活動状況の取材と写真ならびに動画撮影(取材場所:厚木子ども科学館まつり会場・定期開院日・出張開院日の3ヶ所)

 

平成30年6月

・”大和市「ゆとりの森」管理事務所から「出張おもちゃ病院」開院依頼があり受諾(実施予定30年10月)

 

平成30年6月

・厚木市広報「Atsugi」(6月1日号・NO1280)の6月環境月間特集「モノ」の命を繕うと題して 厚木おもちゃ病院活動記事が掲載

・広報課提供の動画「あつぎ元気Web」に厚木おもちゃ病院活動状況が「あゆチャンネル」にて放映および「Youtube」にUP

 

平成30年6月

・妻田小PTA主催「つまだスマイルフェスティバル2018」で工作教室開催「カンバック/ストローとんぼ」来場者数(150名/200名)

 

平成30年7月

・新規加入会員で実働会員数23名(開設以来最多数)

 

平成30年7月

・あしがり郷「瀬戸屋敷」出張開院(5/13)時預かり修理品21点全数返却

 

平成30年7月

・厚木おもちゃ病院設立7周年記念冊子 「おもちゃ修理入門と工作実験教室」刊行